塾通いして成績が上がったエピソード

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

塾通いして成績が上がったエピソード

中学生の頃

中学生の頃、数学のどこが分からなくて問題が解けないのかが分かりませんでした。
どこを勉強すればいいのか分からなくて、分からないから数学を避けるようになり、授業も辛くなりました。
問題を当てられたらと思うと、数学の授業が苦痛でならなくなりました。

でも、行きたい高校があったので勉強しなくてはならず、思い切って塾に通う事にしました。
塾も色々種類があり、学校のように皆で受けるスタイルの塾や、2人や3人で受ける塾、マンツーマンの塾などがありました。

私は、マンツーマンの塾にしてもらいました。
どこが分からないのか分からないので、集団で受ける塾だと学校と同じになるのではないかと不安だったからです。
マンツーマンの塾に通うようになって、先生に分からない所が分からなくてと説明すると、先生は私が分かるところまで遡って教えてくれました。
分かるところまで遡っていくと、どこで分からなくなったのかがはっきりと分かり、数学の成績が少しだけ上がり始めました。

分かる事が増えると苦手意識が減り、1問解けるごとに楽しくなりました。
分からない事を見つけるだけで、こんなに成績が上がるものなのだと、驚いた事を今も覚えています。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 塾通いして成績が上がったエピソード All Rights Reserved.