塾通いして成績が上がったエピソード

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

塾通いして成績が上がったエピソード

学生の時の経験から

学生の時の経験から、「先生の教え方の上手下手」「先生の教科に対する理解度」「その先生との相性」が成績を左右すると思います。
高校生の時の代数幾何の先生は大学卒業直後で、見た目は大学生にしか見えず、まあまあハンサムだったので女子生徒にとてももてました。
実際、友達で先生に告白した人もいます。
でも、私は授業中に汗で教科書に貼りついた腕をちょっと上げた時、教科書が破れてしまったのをその先生に見られクスッと笑われてから、その先生が大嫌いになり、そのせいで代数幾何のテストは良くて60点くらいしか取れませんでした。

反して基礎解析は、とても成績が良かったです。
基礎解析の先生はとても授業が分かりやすく、私は熱心に授業を聞いていました。
そのせいか先生が私の表情を見て、授業を進めてくれていたくらいです。
私がよく分からないなという顔をしていると、必ず詳しく説明してくれました。
顔はお世辞にもカッコイイとは言えないのですが、授業が分かりやすくその先生のことは大好きでした。

この頃、塾にも通っていました。
基礎解析は公式を使って問題を解きますが、グラフも書きます。塾の先生は、必ずグラフ使って詳しく説明してくれていました。
お陰で、普通なら問題を解く時に式を使って問題を解くのですが、たとえ公式を忘れても、グラフを使って公式を導き出し問題を解けるぐらい、基礎解析には精通しました。

高校の基礎解析のテストは平均95点くらいで、90点以下をとったことがありません。中学生になってから、テストで100点を取ったことはなかったのですが、基礎解析のテストで100点を取ったことがあり、とてもびっくりしたことがあります。
基礎解析は学校の先生と塾の先生との相性がとても良く、2人とも教え方が上手だったので成績がとても良かったのだと思います。学校の先生でも、家庭教師でも、塾でもいいのですが、教えてくれる先生との相性って大事です。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 塾通いして成績が上がったエピソード All Rights Reserved.