塾通いして成績が上がったエピソード

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

塾通いして成績が上がったエピソード

昔から物覚えは悪い方ではないと思うのですが

昔から物覚えは悪い方ではないと思うのですが、自分から勉強するというのが非常に苦手でした。
家で勉強するのが大嫌いで、そのため成績は下から数えたほうが早いくらいの成績でした。

小学校の時は、先生がそんな私を心配して、昼休みや放課後につきっきりで勉強を教えてくれました。
そのため、クラスで目立って勉強が遅れているという感じではありませんでした。
先生は、「この子は、ちゃんと教えれば覚えてくれる子だ」と常々言ってくれていて、私も自分は頑張れば出来るのだと思っていました。

ところが、中学校に入学すると、つきっきりで勉強を教えてくれるような先生はおらず、どんどん勉強が遅れるようになってしまったのです。

それで母が心配して、塾に通うことになりました。
集団で教えてもらう塾はきっと合わないだろうということで、個別指導をしてもらえる塾を選んでくれました。

たぶん、塾の先生も指導方法に困っただろうとは思いますが、段々と自分で勉強をする習慣がつくようになり、それなりに成績が上向くようになりました。
そうなると自分でも勉強がおもしろくなってきて、学校に通うのも楽しくなりました。


Copyright(c) 2017 塾通いして成績が上がったエピソード All Rights Reserved.